ホーム 予約状況・料金 イベント オープンコンペ コース案内 競技記録 交通案内 お問い合わせ
 

青山(土器山)の合戦ー黒田官兵衛 古戦場跡


黒田官兵衛(黒田如水)は、戦国時代の武将であり、竹中半兵衛と並び、豊臣秀吉の名参謀とされています。

実は、青山ゴルフクラブの敷地内は、今からおよそ450年前の1569年黒田官兵衛と赤松政秀とが戦闘したとされる
「青山(土器山)の合戦」の古戦場跡とされています。現在の10番ホール及び18番ホールにまたがる千石池(戦国池)
周辺と、かつての小丸山付近が主戦場とされています。

この戦いで黒田官兵衛は、奇襲攻撃の末、僅か300の手勢でその10倍に当たる3,000の赤松政秀軍を打ち破ったとされ、
華々しい勝利を飾りました。

この事からも、黒田官兵衛が、いかに幼少より知略・軍略・判断力に優れた武将であったかが、偲ばれます。
負けた政秀軍は、ゴルフ場の北側へ回り、2番・3番・4番ホールの辺りから「かろと谷」を通り、現在の桜山貯水池をへて
龍野方面へ敗走したと考えられています。
一部は、山田峠(笹峠)から太子方面に敗走しました。

小丸山(赤松軍 陣地)の場所についてはコチラをクリックしてください


>古戦場跡の石碑
(千石池の南側の土手にあります。一般見学できます。)



戦闘が行われたとされる千石池周辺



※敷地は、ゴルフコースであり、敷地内への無断立ち入りは、大変危険であり
   お断りさせていただいております。ご了承いただきますようお願いいたします。

 
ホーム 予約状況・料金 イベント オープンコンペ コース案内 競技記録 交通案内 お問い合わせ

青山開発株式会社 〒671-2222 姫路市青山1464
TEL:079-266-1125  FAX:079-266-1117

Copyright (c) 2000-2010 aoyamakaihatsu corporation All rights reserved